田舎暮らしのメリット・デメリット

大学生活

【人の温かさ】離島という田舎暮らしでのメリット・デメリット

  • 田舎の暮らしってどんな感じ?
  • メリット、デメリットを知りたい

こんにちはアトム(Atomblog1)です。

最近ではリモートワークの影響でどんな場所でも仕事ができる環境になっています。その影響か、

より費用が掛からなくかつ、静かな場所として田舎への需要が深まってきています。

 

そこで今回は田舎暮らし18年過ごして感じたメリット・デメリットをまとめてこの記事を書きました。

 

ちなみに僕の出身は鹿児島県ある徳之島という離島です。

いうまでもなくどがつくほどのど田舎です笑

 

簡単に地元徳之島の説明をさせてください!

徳之島は人口が約3万人ほどの小さな島で、主な産業はサトウキビとジャガイモです。

また文化として闘牛という独自の文化があり、

よく知る赤いマントで牛がスルスル抜ける「闘牛」と違い徳之島の「闘牛」は牛と牛同士で闘うというものです。

他にも天然記念物のアマミノクロウサギがいたり、海ガメがみることができるなど自然にあふれた島です!

 

田舎(徳之島)暮らしでのメリット

 

田舎暮らし

 

田舎暮らしメリット

  • 人たちの温かさ
  • 海や自然が綺麗
  • 子供の発育には最適な場所
  • お金がかからない
  • 犯罪が少ない

僕がまず田舎の生活で良かったこととしての5つがありました。その理由を詳しくまとめてます。

 

✔︎人の温かさ

 

僕がまず1番に感じるのが人の温かさです。

 

都会の人たちがこうでないとは言いませんが徳之島の人たちはとにかく近所付き合いが深いです。

 

例えば自分の畑でできた野菜などをよく僕の家にお裾分けなどよく見る光景の一つでした。

 

僕の両親はその時お礼として自分の野菜や料理などをお礼として渡していました。

 

他にも挨拶なども必ず返くれますし、他のお宅にお邪魔した時も、急に尋ねたにもかかわらず、もう食べきれないくらいの料理を

 

振る舞ってくれるなどとにかく人付き合いが好きな人が多いです。

 

✔︎海や自然が綺麗

 

これは田舎や離島によくあることで、僕が鹿児島に行った時は海が黒くてびっくりしました。

 

海はもともと、青いもの、エメラルドグリーンのものだと思っていたからです。

 

その時、自分がいた島はとても綺麗な海だったんだと理解しました。

 

また自然も豊で珍しい動物や植物があったり、運がよければ「アマミノクロウサギ」という天然記念の動物に会うこともできました。

 

他にも正月で使う門松なども自分たちで手作りができほど多くの種類の植物があります。

 

徳之島に限らず田舎では自然が豊かなので自然を感じたい方にはオススメです。

 

✔︎子供の発育には最適な場所

 

これは僕の意見ですが田舎では子供の頃からいろいろな経験ができたと思ったからです。

 

例えば学校の授業では夜光貝を入植する体験や海でのゴミ拾い、

畑仕事での食べ物の大切さを学び、また人の温かさも学ぶことができたと思います。

 

田舎者だからよく育つとかではなく、自分の体験として

 

多くを自然から学ぶことができたので自然以外にも人に対しても自分なりの考えが身につきました。

 

✔︎お金がかからない

 

まずなんと言ってもお金がかからないのが田舎暮らしのいいところです。

 

物価はあまり変わりませんが、近所間での物々交換があったり、

その他にも家賃も徳之島の場合は相場で3万から4万円ほどと都会に比べたらかなり安くで家を借りることができます。

 

また都会から田舎に引っ越した人には最近では補助金の制度も充実していて、

 

地域によって違いますが長崎県の田舎では3ヶ月間家賃無料のキャンペーンをしたり、

 

田舎暮らしに力が入れています。

 

✔︎犯罪が少ない

 

田舎では滅多に犯罪などニュースが起きません。

 

あるとしたらイノシシが畑を荒らしている、など笑

 

狭い地域かつそして人が温かいからこそ物騒なニュースが起きないのだと思います。

 

田舎暮らしでのデメリット

 

田舎暮らしのデメリット

 

田舎にももちろんデメリットが多くあります。

その中でこれはかなりデメリットだなと感じたものをまとめてみました。

 

デメリット

  • 物資が届くのが遅い
  • 身近なところにスーパーやコンビニがない
  • 娯楽が少ない
  • 電波が通らない地域がある
  • 交通の便が少ない
  • 虫が多い

 

✔︎物資が届くのが遅い

 

まず一つ目の苦労としてこれは田舎ならではだと思いますが、多くの田舎を言われる地域は郊外にあり、

 

校内で3日で届くものプラス2、3日かかったりすることがしょっちゅうあります。

 

例えば週刊少年ジャンプは毎週月曜日に発売なのですが

 

いつも届くのが早ければ火曜日、遅ければ木曜日といつも曖昧でした。

 

アマゾンや楽天などネットショッピングする人ですぐ使いたい人にはデメリットかもしれません。

 

✔︎身近なところにコンビニがない

 

これは田舎なので仕方ないですよね。田舎にコンビニがある方が珍しいと思います。あっても1店とか、、、

 

僕の地域にも現在はFamily Martが3店舗できてやっと夜困ったときでも買いに行けるようになりました。

 

しかし身近にあるというわけではなく、近くても車で10分のところにあるので夜歩いて行ける距離ではないです。

 

✔︎娯楽が少ない

 

田舎には娯楽という施設が全くありません。大人でしたらパチンコ、雀荘、そしてカラオケぐらいしかありません。

 

映画館もなければゲームセンター、ボーリング場もないので

 

遊ぶ場所としたら、おうちでダラダラするか、海に行くか、友達と一緒にブラブラ町を歩いていくかなど、、

 

しかし、最近は田舎ブームも少し発生しているみたいなのでお洒落なカフェなどもできたので

 

だんだん娯楽ができつつあると思います。

 

しかし田舎はやっぱり静かなのでゆっくり時間を過ごしながら仕事や勉強もいいですよね。

 

✔︎電波が通らない地域がある

 

田舎なのでまだ通信設備がしっかりしていないのかたまに圏外になる地域もあります。

 

僕が住んでいた場所はdocomoの電波が入りずらかったりなど、、

 

なので田舎に引っ越しの場合はその地域の電波がどのような状況であるか、

 

各通信会社の通信エリアなどを調べてみた方が良いです。

 

✔︎交通の便が少ない

 

田舎あるあるですね。

 

僕の地域も電車や路面電車もなく、バスも1時間に一本などありました。

 

そのため田舎では原付や車で移動することが多いです。

 

買い物に行く時もよく車を使うので

田舎では免許そして自動車は必須です。

 

✔︎虫が多い

 

とにかく虫が多いです。特にこの季節が多いとかではなく一年間を通してどの季節も虫が多いので

 

家には蚊取り線香、そしてアースジェットは必須です。

 

田舎の虫は都会の虫と比べて大きさもあり、数もいます。

 

また夏には羽虫や蚊などが大量に発生するので虫嫌い人には注意が必要です。

 

田舎暮らしのメリット・デメリットまとめ

終わり

 

今回は田舎の暮らしについてまとめてみました。

田舎は都会の暮らしと違って不便が増えることは間違い無いです。

 

しかし、一度田舎に暮らしてみるとその自然との触れ合いや

落ち着く雰囲気にはハマるかもしれません!

 

この記事を気に田舎の暮らしに少しでも興味を持っていただければ嬉しいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

  • この記事を書いた人

Atom

【現在22歳】国立理系の大学の3年生 【ブログ歴1年】 一般的な大学生活を過ごして自分が感じたこと 良いなと思ったことを記事に書いています! 【実績】 ・最高1,300PV

-大学生活

Copyright© Atom Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.